片岡道子の日記のトップページ >> 月別アーカイブ: 2017年10月
月別アーカイブ: 2017年10月

2017年10月11日(水)  エアコン

レッスンいっぱいの一日でした。

涼しいような暑いような、けっこう一日中つけていました。

 

朝9時からず~~っと夜の8時まで(お昼休み1時間)続きました。

ちょっと働きすぎました~!

 

で夕食作ってる暇ないので

冷凍コロッケを、キノコ(マッシュルームと舞茸)を敷き詰めたオーブン皿にのっけてブロッコリーを周りに散らしてオリーブオイルをかけてオーブンで焼いてみました。

意外と意外とおいしかったです。

これに先日の話音倶楽部の残り物のフランスパン、小松菜のお浸し

和洋滅茶苦茶ですが、これがまた我が家にはぴったりでした。

 

試してみてください。さっぱりしていけ、いけますよ!

 

2017年10月10日(火)  暑かった~~!

クーラーかけたり、ドアーをあけっぱなしにしたり、いろいろ工夫しました。

秋だ~~と思ってみても暑かったです。

今日はバラバラとレッスンしていましたが最後は9時半まででした。

 

Torさんです。

なかなかたいへんだよ~~!

普段マンドリンの世界とは程遠い世界で大活躍の人達は、こっちの世界に戻ってくるのに時間かかるんだよね。

戻ってくるためのレッスンなのです。

これで大丈夫とご本人が自信を持てるみたいです。

 

2017年10月9日(月)  35年

今の研究所の建物、築35年だそうです。

今日、建築業者に点検に来てもらいました。

私たちの体と同じで、いろいろ老化はしているけど元気なんだそうです。

そんなことで大騒ぎしているときにKちゃん家族が久しぶりにレッスンに来ました。

みんな元気に顔見せてくれて嬉しかったです。

 

今日は夏日でした。

2台の扇風機をこの連休にしまいましょう!と思っていたのですがもう少し出しておくことにしました。

11月の気温になったり、9月になったり、体も悲鳴上げています。

なんだかしんどいよね!

 

2017年10月8日(日)  ホトトギス

秋です。

私は昨日の疲れもあって今日は一日ぼ~~っと過ごしました。

午前中はレッスンしましたよ!

 

庭の虫がち~ち~鳴き、ホトトギスの花、みずひき草の花が咲き、秋だよ~~!と知らせてくれています。

 

2017年10月7日(土)  タンファさん

今日の話音倶楽部とってもとっても素敵でした。

心の音楽、またゆっくりご報告しますが、最後には胸がいっぱいになりました。

タンファさん、本当の楽譜にないうちからの音楽の演奏ありがとうございました。

今日はとりあえず写真だけ掲載しておきます。

最後の岡村綾子さんのギターとのコラボもとっても素敵でした。

 

 

🌟🌟☆☆☆🌟🌟☆☆☆

 

🌟🌟☆☆☆

 

🌟🌟☆☆☆

この1番後ろのマスクしたオジサンが作曲家平岡俊之先生です。

~~プログラム~~

陽春白雪 古曲
伝統的な琵琶曲として名高い。中国ではこの曲が余り有名で、素晴らしい音楽の代名
詞でもある。明るくて、すがすがしいメロディに活発なリズムで、冬が去り、生気が
溢れる春が来た様子を奏でる。

寒鴉戯水 汉乐古曲
曲は優雅な旋律、清新な格調、独特な韻律で、寒鴉が水の中でゆったりとくつろぎ、
追いかけたり、遊んでいたりする様子を表現。全曲は三段落に分けられ、段落ごとに
はっきりとし、典型的な板式変奏体である。もともとは潮州音楽の有名な筝曲で、琵
琶名家の劉宝珊氏よって琵琶曲に編曲され、潮州音楽の旋律色彩や変化などがうかが
える。

スワン 現代琵琶曲 劉徳海作曲
スワンは中国琵琶演奏家、作曲家劉徳海が作曲した「人生編」の中で最も代表的な一
曲で、旋律が優美で、清々しさが溢れる風格。新しいテクニックが多く駆使され、白
鳥の美しさを描き、琵琶の芸術上の新しい可能性も表現。また、作曲家の自由な精
神、高遠な志しという人生観も表れている。

彩雲追月 王範地 編曲
この曲は中国伝統の五声音階で作曲され、メロディーがシンプルで、軽快な流れのよ
うに、抒情的で美しい。見事に夜空の光景を表現。

琵琶譚詩 三木稔作曲
1997 年三木稔が初めて中国琵琶に挑み"オーケストラアジア"のために作曲した
[琵琶協奏曲]の第ニ楽章。このソロ版がやや短くセットされた。技術先行しやすい
中国琵琶の別の魅力を探し、日本の音階を持ちい、琵琶の胴を打つ効果を交えそのバ
ラードの味がより濃厚に伝えられている。

天山之春 王範地編曲
天山山脈は中国新疆にあり、南北に山裾を通ってシルクロードが続いていた。軽快で
優美な旋律は、緑に萌える天山の春の喜ばし情景を奏でる。

霸王卸甲
琵琶武曲紀元前202 年に起こった楚の項羽と漢の劉邦との戦いで、楚の項羽が壮絶な
決戦の末、敗れ去り、甲(かぶと)を卸いで自決するまでの様子を描く。全曲を通
じ、琵琶のあらゆる高度な演奏技法が要求されている。覇王・項羽の英雄像、爱姫・
虞美人との悲絶な別離の物語が中国の映画や劇、曲芸の中に永遠なテーマとなってい
る。琵琶は歴史の絵巻みたいに一巻一巻をめぐる。その絵巻は(一)陣营の太鼓
(二)昇帳(三)点将一(四)点将ニ(五)出陣(六)接戦(七)垓下酣战(ハ)楚歌
(九)別姫(十)鼓角甲声(十一)逐骑出围(十二)追兵(十三)众军归里となっている。

~~~~~~~~~~~~~

アンコールに平岡俊之作曲の2曲が岡村綾子さんのギターとの二重奏でした。

Water Necklace

I wish

そして最後の最後にチャールダッシュを無伴奏で演奏してくださいました。

全員が大感激です。

ピパのあらゆる角度からの魅力を聴くことができました。

2017年10月6日(金)  話音倶楽部

明日は中国琵琶タンファさんの話音倶楽部です。

もしも雨で運動会などイベント中止になったら来てくださ~い!

4時から研究所で~す。

★🌟🌟🌟☆☆☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マンドリンの日10月11日(水)

研究所の友人

児嶋絢子さん&槐智明さんデュオアルスターのお二人

間宮匠さん

田中尊子さんも五重奏で参加

興味のある方は是非聴きに行ってください。

 

2017年10月5日(木)  秋晴れ

女心と秋の空

本当に変わりやすい天気ですね?

女心ってそんなに変わりやすいかしらね?

私は自分がで~~~んとしていて激しくないのでわかんないけど・・・・

 

夕方アンマユさんが顔見せてくださいました。

10月28日に宮武氏とバイオリンの西浦さんとコンサートするそうです。

行きたい方は、下記のアドレスにしお申込みください。

mashroomlady@me.com

 

皆さん音楽の秋ですね!

芸術の秋

食欲の秋

実りの秋

 

秋っていろいろありますね!

2017年10月4日(水)  毛布1枚

さっき、天気予報で「今夜はちょっと冷えるので毛布1枚増やしておくといい」

なんて言ってました。

慌てて睦雄氏の秋用パジャマ&毛布1枚、用意しました。

夏のズボンも秋用に今用意したところです。

 

忙しいですね~~~!

自分なんかどうでも対応できるのだけど、家族が風邪ひいたら困るのです~!

昨日もレッスン室は、冷房入れてたのに~~~

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日のお月様」すご~~く輝いています。

 

☽🌟☽🌟☽🌟

 

☽🌟☽🌟☽🌟

 

 

 

2017年10月3日(火)  秋

と思っていたら意外と暑かったです。

明日はどうかな?

 

今日もしっかりレッスン続きました。

一緒に弾いたり、弾き方一緒に考えたり、それも演歌あり、バロックあり、クラシックあり、フォークあり、現代曲あり、とても脳細胞が刺激されます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Hさんから頂いた、玄関のユリがいい香りいっぱい広がっていました。

今日、最後の一輪が咲きました。

 

★🌟🌟

2017年10月2日(月)  忙しかった!

午前中はちょっとのんびり、、、、昨日の疲れが残っていてぼ~~っと過ごしていました。

午後からはけっこうレッスンが続いていました。

結局9時まで続いたのです。

秋になって皆さん、ちょっとマンドリンに気持ちが向かってきたみた~い!

演奏会もいろいろあるみたいなので、レッスンの利用価値も高まっています。

 

今日は生協が届く日なんです。

9時にレッスン終わって食事して、後片付けと、野菜の下処理していたら今頃になってしまいました。

1週間の始まりの日、今週が良い1週間になりますように・・・・・

月別アーカイブ
  • 2024年5月
  • 2024年4月
  • 2024年3月
  • 2024年2月
  • 2024年1月
  • 2023年12月
  • 2023年11月
  • 2023年10月
  • 2023年9月
  • 2023年8月
  • 2023年7月
  • 2023年6月
  • 2023年5月
  • 2023年4月
  • 2023年3月
  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月